北九州市について

北九州市の弁護士・法律事務所

北九州市の相談事例

福岡・北九州のお天気

相続問題で弁護士への相談事例 北九州市

北九州市に在住の女性Oさんが、相続問題で弁護士に相談をした事例です。

Oさんのお父さんが亡くなり、その遺産を相続することになりました。Oさんのご両親は離婚しており、その後お父さんは別の女性と再婚していました。このためお父さんの相続人は、一人娘のOさんと、再婚相手の女性ということになります。
お父さんは生前に自宅の土地と家を再婚相手に贈与しており、預貯金も再婚相手の女性が生前に頻繁に引き出してしたため、遺産はまったくないという状況でした。これに憤りを感じたOさんは弁護士に相談することにしました。Oさんが弁護士に、再婚相手の女性がお父さんから生前に譲り受けた不動産や、お父さんの退職金の一部を相続できないかと相談したところ、弁護士は次のようにアドバイスをしました。「このような場合は、遺留分減殺請求権(相続人に法律上与えられた最低保証分を請求する権利)を行使できるでしょう」

そこでOさんは、遺留分減殺請求権の行使を弁護士に依頼し、依頼された弁護士は早速、解決に乗り出しまた。まず、再婚相手の女性が、Oさんのお父さんからどのくらいの財産を譲り受けたのかを調査することから始めました。贈与された不動産を調べるために登記簿謄本を確認し、市役所でその不動産の固定資産評価証明書を交付してもらった後、不動産の金銭評価を行いました。そしてお父さんの貯金が、もともとはいくらあったのかを調べるために、取引銀行に預貯金の取引経過の一覧表を申請し、再婚相手の女性が引き下ろした金額の総計を計算しました。再婚相手が譲り受けた不動産や預貯金が特別受益であることが確認できたので、再婚相手の女性に遺留分減殺請求権を行使し、これらの4分の1の金額をOさんに支払ってもらうことで和解を成立させました。

北九州市で相続トラブルに悩んでいる方は、相続問題を得意とする弁護士に相談されてはいかがでしょうか。

  • 相互リンクとは
  • 相互リンク登録
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ